どれくらいの割合で中古ブランド品を売買しているの?20代以上の女性1,000名を対象に売買経験アンケートを実施

最終更新日:2022/05/12
公開日:2022/03/22

20代以上の女性1000人を対象とする「中古ブランド品の売買に関するアンケート調査」を行いました。

今回のアンケートでは以下のような項目を調査しています。

  • 中古ブランド品の売買した経験がある人はどれくらいいるのか?
  • どんなサービスが一番使われているのか?
  • 売ったことない人はどんな風にブランド品を処分しているのか?

是非最後までにご覧いただけますと幸いです。

目次

今回のアンケート概要

【調査概要】
中古ブランド品の売買に対する意識調査アンケート

【調査方法】
WEBアンケート(クラウドワークス)

【調査対象者】
20代以上の女性1000名

【調査実施期間】
2022年3月6日-2022年3月9日

調査対象者の年齢区分

今回のアンケートにご協力いただいた年齢区分は以下となっております。

  • 20代:254名
  • 30代:401名
  • 40代:245名
  • 50代以上:100名

※有効回答者:1,000名

上記の女性を対象に「中古ブランド品の売買経験の有無」や「売却・購入の利用先サービス」等について調査しました。

中古ブランド品を売買したことはありますか?

中古ブランド品における売買経験の有無に関する回答は以下となりました。

  • 買ったことはある:190名
  • 売ったことはある:264名
  • どちらもある:145名
  • どちらもない:401名

「どちらもない」と回答した方が401名と全体の40%程度となりました。また、中古ブランド品を買ったことがある人よりも、売ったことのあると答えた人の方が多いという結果となりました。

【グラフで見る】中古ブランド品の売買経験の傾向

全体の40%が“中古ブランド品の売買経験がない”と回答しています。

反対に“どちらもある”という人は、全体のわずか14%という結果となりました。

年齢別で見る中古ブランド品の売買経験

年代別で中古ブランド品の売買経験を比較

年齢別の傾向としては、年齢が上がるにつれ売却経験は若干増えていくものの、全体として大きな傾向に違いはありませんでした。

売買経験の有無は年齢によって大きく変わることはなく、売買する人は若いうちからしていて、しない人は年齢が上がってもしない傾向が見えてきます。

中古ブランド品の購入に使ったことがあるサービスを教えてください

次に“どちらもある”もしくは“買ったことはある”と答えた「335名」の人を対象に「使ったことがある購入サービス」についてのアンケート調査をおこないました。

サービスごとの利用者数は以下の結果となりました。

  • フリマアプリ:176名
  • ネットオークション:69名
  • ブランド専門店・ヴィンテージショップ:77名
  • リサイクルショップ・質屋:152名
  • 通販・ECサイト(楽天・BUYMA等):57名
  • その他:22名

※中古ブランド品を買ったことがあると答えた335名を対象、複数回答可

【グラフで見る】購入先サービスの利用者数と割合

Q中古品の購入に使ったサービス棒グラフ

もっとも利用されていたのが「フリマアプリ」で、購入経験のある人の“半数以上がフリマアプリを使って中古ブランド品を購入したことがある”と回答しています。

次に「リサイクルショップ・質屋」で購入したことがあると答えた人が多いという結果となりました。

【グラフで見る】年代別の購入先サービス利用比率

中古ブランド品購入サービスの年代別利用内訳

年代別で見ると、若年層になるほど「フリマアプリ」の利用比率が高いことがわかります。

40代以上になると「リサイクルショップ」の利用比率がもっとも高く「ネットオークション」の利用比率なども上がってきています。

中古ブランド品の売却に使ったことがあるサービスを教えてください

今度は“どちらもある”もしくは“売ったことはある”と答えた「409名」の人を対象に、売るときに使ったことがあるサービスについてアンケート調査をおこないました。

サービスごとの利用者数は以下の結果となりました。

  • フリマアプリ:202名
  • ネットオークション:39名
  • ブランド買取店:195名
  • リサイクルショップ:158名
  • 質屋:27名

※中古ブランド品を売ったことがあると答えた409名を対象、複数回答可

【グラフで見る】売却先サービスの利用者数と割合

中古ブランド品の売却に使われたサービスとしては「フリマアプリ」「ブランド買取店」の利用者がおよそ半数とかなりの割合を占める結果となりました。

購入先の中では利用者が少なかったブランド買取店(専門店)ですが、売却先としては多くの方に使われていることがわかりました。

【グラフで見る】年代別の売却先サービス利用比率

年代別売却先サービス利用比率グラフ一覧比較用

年代別で見ると、購入サービスと同じように「フリマアプリ」が若年層にもっとも多く利用されている傾向にあります。

年代が上がるに連れて「ブランド買取店」や「リサイクルショップ」の利用者比率が高まっています。

今後売却する際に使ってみたいサービスを教えてください

「中古ブランド品を売ったことがない」と答えた591名を対象に、今後売却する際の一番の候補となるサービスを聞いてみました。

  • フリマアプリ:229名
  • ネットオークション:28名
  • ブランド買取店:197名
  • リサイクルショップ:89名
  • 質屋:16名
  • わからない:32

※売ったことがないと答えた591名を対象

【グラフで見る】今後売る時はどんなサービスが候補になりますか?

一番の候補は「フリマアプリ」と答えた人がもっとも多く全体39%という結果になりました。次に候補となったのが「ブランド買取店」で実際の利用者と同じような傾向となりました。

売却に関しては「フリマアプリ」もしくは「ブランド買取店」が使われるケースが今後も多いのではないかということがわかりました。

売却以外で中古ブランド品の処分方法は?

売ったことがないと答えた590名を対象に「普段どういった方法で中古ブランド品を処分しているか」を聞いてみました。

  • 捨てる:105名
  • 家族・親戚に無償で譲る:212名
  • 家族・親戚に有償で譲る:8名
  • 友人・知人に無償で譲る:40名
  • 友人・知人に有償で譲る:12名
  • 処分はしない:181名
  • 未回答:33名

※売ったことがないと答えた590名を対象

【グラフで見る】中古ブランド品の処分方法について

中古ブランド品に関しては「家族や親戚に譲る」と答えた人がもっとも多く、全体の30%以上となりました。

無償で譲る方が多い一方、ブランド品だけに有償で譲ると答えた人もいました。

「捨てる」と答えた人は18%で、そもそも処分しないと答えた人は31%とかなり多いことがわかりました。

アンケート調査を終えて

今回のアンケートを終えて、実際に中古ブランド品の売買をしている20代以上の女性は「およそ60%ほど」だということがわかりました。

利用サービスは購入、売却ともに「フリマアプリ」がもっともシェアを取っているといった結果となりました。

我々のようなブランド買取店としても、フリマアプリの台頭によって大きくシェアが落ち込んでいると考えており、サービスの質の向上改善が求められる時代となっております。

今回の調査結果がさまざまなユーザー様のご参考になると幸いです。

他の買取事例を見る

Contact ご依頼・お問い合わせ

出張買取をご希望の方

出張買取をご希望される方は、以下の項目を入力して日時をご指定いただくと査定員がご自宅にお伺いいたします。

宅配買取をご希望の方

ご自宅にいながら商品を送るだけで査定額が分かります。配送費は当社がご負担いたします。