ケリーの買取価格を調べる

ケリーの「サイズ」「カラー」「素材」「金具の色」で、過去の買取事例を検索することができます。

ケリーの「サイズ」「カラー」「素材」「金具の色」で、過去の買取事例を検索することができます。

条件から探す
キーワードから探す
検索条件をリセット
55 の買取事例を表示

買取価格が高騰しているケリー

「HERMES(エルメス)」の数あるバッグの中でも、ケリーは特に人気が高く、正規店での購入が難しいアイテムです。

「バーキン」と並び、中古市場での流通価格も非常に高額となっています。

バーキンと比較すると、平均的な買取率はやや下がりますが、人気の高い小型モデルや、レアなケリーであればバーキンと遜色なく高価でお買取が可能です。

近年は買取相場も上昇傾向にあり、新品だけなく、古めで使用感のあるケリーにもお値段がつきやすい状況です。

小型のケリー25はプレミア価値が高い

現在、買取相場が特に高騰しているのは小さいサイズのケリーです。

現行ケリーの主なサイズ展開は三種類です。

  • ケリー25(横幅25cm)
  • ケリー28(横幅28cm)
  • ケリー32(横幅32cm)

上記に加えて、ミニケリーという特別小型なモデルや、ケリー35以上の大型モデルも存在しますが、現在エルメスではあまり生産されておらず、流通数も少なくなっています。

定番サイズの中では、ケリー25の買取相場が大きく高騰していて、新品のケリー25だけなく、中古品でも状態が良い品に関しては、定価以上でのお買取が可能です。

もっとも生産数が多い定番のケリー28は、中古市場でも安定して需要が高く、ケリー25に続く人気サイズとなっており、32cm以上の大型サイズになると買取相場が下がってしまう傾向にあります。

ヴィンテージの古いケリーの買取価格も上昇中

ヴィンテージのケリーの需要も高い
ヴィンテージのケリーの需要も高い

古いケリーと新しいケリーを大きく分けるのが金具の形状です。

「旧金具の仕様」となっているヴィンテージのケリーは、買取相場が安いというのが中古市場の傾向でした。

ただしコロナウイルスの感染拡大が世界的流行となって以来、中古市場の流通数も減っており、新品ほどではありませんが、ヴィンテージ品に関しても、数年前より20万円前後は高騰しました。

現行品の金具の仕様のモデルの方が相場は高いですが、旧金具に関してもかなり高い相場となっていると言えます。

ケリーの新金具の形状

ケリーの新型金具の形状
ケリーの新型金具の形状

大体2000年以降に製造されたケリーは、ストラップを付ける部分が「二又(V字型)」となっています。

ケリーの旧金具の形状


ケリー旧型金具の形状
ケリー旧型金具の形状

それ以前のヴィンテージ品には、ストラップを付ける金具はなく、ハンドルの付け根に直接付けます。

中古市場においては、金具の仕様が相場に大きく影響する要因となります。

のサムネイル

高値が付きやすいモデルの傾向

高値が付きやすい、中古市場で人気の高いケリーの傾向についてご紹介しています。

詳しいケリーの買取価格に関しては、当ページのケリーのお買取事例をご参照ください。(※時期によって相場は変動しますが、実際にお買取させていただいた金額がそのまま記載されています)

ケリーは外縫いモデルの人気が高い

ケリーには「外縫い」「内縫い」の二つの仕様があります。必ずではありませんが、使われる素材によって外縫いと内縫いに分けられています。

外縫いのケリーは、縫い目が外にありフォルムがくっきりとしていて、よりフォーマルな印象となり、反対に内縫いのケリーは縫い目が折り込まれていて、角に丸みがあるカジュアルな印象となります。

どちらも同じケリーですが、これによって見た目の印象も変わり、買取相場が変わってきます。

近年は外縫いモデルの生産数が少ない傾向にあり、外縫いのケリーの方が買取相場が高いです。

外縫いのケリーに用いられる素材

外縫いのケリーには、主に以下の素材が用いられます。

  • ヴォーエプソン
  • タデラクト
  • ボックスカーフ
  • クシュベル

現行品で外縫いのケリーにはエプソン素材が使われている場合が多く、エプソン素材のケリーは高値が付きやすい傾向にあります。

ヴィンテージ品はボックスカーフやクシュベル素材が使われているモデルが多く、古い品物でもこれらの素材には高値が付きやすいです。

中には「トゴ素材で外縫い」「ボックスカーフで内縫い」なども生産されていますが、ほとんどありませんので、基本的には上記素材のケリーは、外縫いの場合がほとんどです。

内縫いのケリーに用いられる素材

内縫いのケリーでは、主に以下の素材が用いられます。

  • トゴ
  • トリヨンクレマンス
  • エヴァーカラー
  • ヴォースイフト
  • アルデンヌ
  • フィヨルド

これらの素材が用いられたケリーは、ほとんどが内縫いモデルでの展開となっています。柔らかめの素材のケリーは内縫いで作られる場合が多いです。

エルメス全体として一番人気の高い素材は「トゴ」「トリヨンクレマンス」となっており、内縫いモデルでも、これら二つの素材であれば買取価格は高いです。

その他、限定素材やエキゾチックレザーのモデルに関しては、年代によって外縫いも内縫いもどちらも生産されている場合がほとんどとなります。

シンプルな色味のケリーは買取相場が高い

カラーは、よりシンプルな色味の方が中古需要が高く、買取相場も高くなります。

エルメス製品全般に関してですが、いわゆる定番色とされる、下記のようなカラーは人気が高いです。

  • ブラック
  • エトゥープ
  • エタン
  • クレ
  • ゴールド

いずれも黒やグレー系、ベージュ系などの色味となっており、それに近いグレー系やモノトーンカラーのケリーも、買取相場が高い傾向にあります。

シンプルな定番色であれば定価以上で買取可能

定番色の新品ケリーであれば、ケリー25、ケリー28共に定価以上でのお買取が可能で、買取価格が200万円を超えるアイテムも多いです。

特に「エトゥープ」「ブラック」は、もっとも人気が高いカラーで、常に買取価格が高い状況が続いています。

  • ケリー25新品(ブラック・エプソン・GLD金具・B刻印)買取価格:280万円前後
  • ケリー28新品(エトゥープ・エプソン・GLD金具・B刻印)買取価格:230万円前後

これらのモデルは大きく定価を上回る金額で、お買取可能となっています。

鮮やかなカラーはやや相場が下がる

一方で、鮮やかなカラーのモデルはやや買取相場が安めです。

一部ピンク系の「ローズサクラ」や、イエロー系の「ジョーヌプッサン」など、人気の高いカラーを除く、ブルー系やレッド系などは、定番色と比較すると大きく買取価格が下がってしまいます。

新品で比較しても30万円以上、買取価格が下がってしまう傾向にあります。

珍しいケリーにはプレミア価格が付いている

ケリーの中には、一部プレミア価格となっているモデルも多数存在します。

珍しいケリーや、希少性の高い小型のケリーの買取相場は極めて高額です。

プレミア価格になっているミニケリー

現在ケリーのプレミアモデルとして代表的な「ミニケリー」は、90年代に生産されたヴィンテージのミニケリーと呼ばれる品と、現行品の「ミニケリー2(ミニケリードゥ)」のどちらもプレミアアイテムとなっています。

特にヴィンテージミニケリーは、当時の定価の数倍もの買取価格にまで高騰し、当時購入されている方は確実に定価以上で売却可能です。

生産から20年以上経っているモデルのため、状態の判断はシビアにはなっていますが、使用感があるお品物でも定価を下回ることはありません。

珍しい素材のケリーは高くお買取可能

過去のケリーは通常の革素材の他にも、様々な素材で珍しいモデルが展開されています。

  • トワルアッシュ:本体の一部がキャンバス素材
  • トワルジーン:本体の一部がジーンズ生地
  • ダルメシアン:水牛革を黒白カラーに染めた生地
  • ヴィブラート:山羊革を織り重ねた素材
  • クリノラン:馬毛と麻毛で織り上げた素材

これら珍しい素材のアイテムは、通常のケリーと比較し買取相場も高めです。

希少品のため流通数が少なく、相場変動も激しいですが、市況に合わせて正しくお査定させていただいております。

その他プレミア価格となっている特殊なケリー

素材やサイズ以外にも珍しいケリーはたくさんあります。

  • ケリーピクニック:カゴ素材のケリー
  • ケリーラキ:正面にポケットがあるケリー
  • ケリーギリーズ:ステッチの柄が入ったケリー

これらのアイテムも希少性が高く、当時の購入価格を上回る金額のご提示が可能なケースが多いです。

エキゾチックレザーなどの高級素材でなくとも、プレミア化しているモデルが多数存在します。

パーソナルオーダーのケリーについて

エルメスでオーダーしたケリーは、通常モデルよりも高くご評価することができます。

オーダー品に関しては、色の自由度が高く、二色を使ったツートンカラーや、トリコロールカラーなどもオーダーすることができますが、色の組み合わせによって大きく買取価格が変わってくる点は注意すべきポイントです。

既製品のケリーにも多色使いのモデルがありますが、パーソナルオーダーのアイテムには「馬蹄マークの刻印」が施されています。馬蹄マークが入ったケリーは高くお買取可能です。

人気の高いブラックやグレー系を含めた組み合わせであれば、高額でのお買取が可能な一方で、鮮やかなカラーの組み合わせなどの場合、既製品よりも安くなってしまうこともあります。

パーソナルオーダー品のケリーに関しては、色によって特に買取価格が変わってきてしまうため、詳細な買取価格を知りたいという方は是非お気軽にご相談いただけますと幸いです。

ケリーの状態ランク基準の補足

ケリーの査定に影響する状態ランク

ケリーは買取価格が高額な分、買取査定でご評価をする際、シビアに状態の判断をさせていただきます。

ファーストクラスにおける状態の判断基準についてご紹介します。

角スレの状態によるランク目安

もっともわかりやすい「角スレ」について、ランクごとの参考写真を掲載しております。

実際に状態ランクは総合的な判断とはなりますが、買取実績をご参照いただく際には以下のような基準で見ていただけると、より参考になるかと思います。(※写真はバーキンを使用しています。)

Aランク相当

Aランク相当は、実際には「ほぼ傷がない」程度、使用していただく分に、気になる傷や汚れはない状態となります。

ABランク相当

ABランク相当は「わずかにスレ傷」が見られる程度で、普段使用していたケリーの場合、査定においてもっとも多いご評価となります。

Bランク相当

Bランク相当は、ある程度「使用感が目立つ」という印象を受ける場合のご評価となります。この場合、角スレは見られますが、そこまで範囲が広くないため、この程度であればBランクのご評価です。

BCランク相当

BCランク相当は「広範囲に使用感が見られる」際のご評価です。写真のお品物は、かなりスレ傷が多く、バッグ本体の色が擦れて落ちてしまい白くなっています。

状態ランクによる金額差はどれくらいか

同じケリーでも、状態ランクによって大きく買取価格に差が出ます。

比較的新しいモデルと、古いモデルの二つの例を挙げてみますので、金額の参考にしてみてください。

ケリー28(ゴールド・トゴ・SLV金具)A刻印2017年製造の例

  • Aランク買取相場:150万円前後
  • ABランク買取相場:120万円前後
  • Bランク買取相場:80万円前後
  • BCランク買取相場:50万円前後

ケリー28(ブラック・ボックスカーフ・GLD金具)○Z刻印1996年製造の例

  • Aランク買取相場:100万円前後
  • ABランク買取相場:85万円前後
  • Bランク買取相場:50万円前後
  • BCランク買取相場:30万円前後

ケリーは状態ランクがBランク以下になってしまうと、かなり買取価格も安くなってしまう傾向にあり、より高値で売却したい場合には、傷が少ないうちにというのも重要です。

買取価格を少しでも上げるためのコツ

ケリーは他のブランドバッグと比較しても買取率が高く、買取価格はどんなに安くとも数十万円以上です。ただし金額が高価な分、少しのポイントで査定価格は大きく変わる傾向にあります。

ファーストクラスでは商品状態やモデルを正確に把握し、最新の市場相場を元に、買取金額のご案内をさせていただいております。

そのため、直前に何かして「買取価格を少しでも上げるというのは難しい」というのが正直なところですが、少しでも高く売る上で知っておいていただきたいポイントをご紹介します。

年式による金額差が大きい

ケリーを含め、エルメスの品物は全てシリアルナンバーが刻印されています。刻印からは製造年を読み取ることも可能です。

そのため、中古市場では製造年が新しいものほど高値が付きやすく、全てのケリーに共通する項目となります。

  • 〜○Z刻印、□A刻印〜□C刻印(1999年より前の製造)→ヴィンテージ品
  • □D刻印〜□N刻印(2000年〜2010年の製造)→やや古め
  • □O刻印〜A刻印(2011年〜2017年の製造)→やや新しめ
  • C刻印、D刻印、Y刻印、Z刻印、U刻印、B刻印(2018年以降の製造)→新しめ

あくまでイメージにはなりますが、こういった括りで買取価格が変わってきます。

色や素材の人気も大きく影響しますが、製造年が古くなる前に、早めにご売却いただいた方が高値が付きやすいです。

ゴミや埃を取り除く

シンプルなことですが、査定前にバッグの内側や、ポケットなどを掃除していただくこともおすすめです。

原則として、査定員が簡単に落とせる汚れと判断できるものであれば、金額には影響しません。

ですが、汚れた状態での査定の場合、その段階では落とせない可能性があると判断しなくてはならないケースがございます。

私たちは査定の際、お品物を丁寧に扱うよう心がけているため、その場で汚れを取り除いたりはいたしません。

そのため、事前に少しでも綺麗にできるものは綺麗にしていただく方が、金額のご提示もより正確におこなうことができます。

査定に影響する付属品

ケリーの買取査定において、金額に影響する付属品について解説します。

ファーストクラスでは、中古品のお査定の場合における「箱」「布袋」などといった、本体の使用に直接関係しない付属品は評価対象外としています。

新品の場合には、箱なども含め購入時の状態であることが条件になりますが、中古品の査定においては箱がないから減額とはなりません。

ショルダーストラップがないと10万円単位で減額対象となるので注意

ケリーのショルダーストラップは、近年別売りモデルも販売されていますが、標準で付属しているショルダーストラップも価値が高いです。

欠品してしてしまうと、10万円前後査定が下がってしまうためご注意ください。

特に珍しいモデルの場合、ストラップも特別な仕様となっているケースも多く、その場合はかなり大きく減額となってしまいます。

いずれにせよ、買取価格にもっとも大きく影響する付属品のため、できるだけ合わせてお査定するのがおすすめです。

カデナ・クロシェットも数万円の減額対象に

カデナとクロシェットは、ショルダーストラップほどではありませんが、欠品は減額対象となる付属品となります。

通常素材のケリーであれば、どちらも欠品の場合には3万円-5万円前後の減額となってしまいます。鍵の部分と南京錠部分の番号の一致も必須です。

ケリーの買取相場は流行りやトレンドによって大きく変動する

ケリーの買取相場は短期間で大きく変動します。

バーキンと並び、世界的な需要と人気があるケリーは、日本国内だけでなく、世界規模の市場での、流通数や売れ行きによって相場が形成されています。

新品のケリーの場合、特に相場変動が激しく、時期によって数十万円の差が出ることも珍しくありません。

古い品物でかつ流通数が多いケリーに関しては、ある程度相場が固まっているため、新品ほどの変動はないものの、珍しいケリーなどは一年で倍以上高騰した事例もあるほどです。

近年はエルメス正規店での定価の上昇もあり、SNSなどによって人気も高まっている状況から、過去一番高い買取相場となっています。

眠らせていたケリーを売却する時期としては、自信を持っておすすめできる市況です。

ファーストクラスでは国内外の様々な市況を総合的に判断し、それを元に最適な買取価格をご案内しております。

ケリーの買取価格について気になることがあれば、是非お気軽にご相談ください。