シャネルのトートバッグの買取相場を解説!どんな素材・色・デザインが高く売れるのか?

最終更新日:2022/05/12
公開日:2022/02/15

シャネルのトートバッグは中古品の需要が高く、買取でも高値がつきやすい傾向にあります。

特に近年シャネル製品は大幅に価格改定をおこない、定価が上昇していることも中古市場の相場の高騰に繋がっています。

ここでは定番の「GSTトート」「復刻トート」などを中心に、実際の弊社の買取事例を交えながら、最新の買取事情を解説しています。

シャネルのトートバッグの売却を検討されている方はご参考ください。

シャネルの買取相場を調べる|出張買取ファーストクラス
↑↑↑ファーストクラスのシャネルの過去の買取事例を検索することができます

目次

シャネルのトートバッグの買取傾向について

シャネルのトートバッグは値段も高価なため、買取でも高く売却できるモデルが多いです。

また、シャネル自体の人気も年々上昇していることから、他ブランドと比較してもリセール率が優れている傾向にあります。

ただしその中でも値段がつきやすいモデル(買取価格が10万円以上になるもの)と、そうでないモデルがあります。

チェーントートバッグの買取価格が高値

シャネルのバッグ製品全体として「チェーンタイプ」のモデルは高値がつきやすいです。

ハンドルがチェーンでかつレザーが編み込まれているモデルは、古くからシャネルのアイコンとして親しまれてきたデザインです。

ヴィンテージ品でも現行品や比較的新しめのモデルでも一貫して、代表的なチェーントートモデルほど高値がつきます。

実際の買取事例を交えて、代表的なモデルをいくつかご紹介します。

GSTトート(PST、PTTなど)の買取相場


中古市場で流通数の多い代表的なチェーントートが「GSTトート」です。派生モデルである「PSTトート」「PTTトート」なども人気となっています。

現行品では廃盤となってしまっていますが、かなり長い年代で製造されていたため中古市場での流通量も多いモデルとなります。

前面に大きなココマークがデザインされていて、かつレザーが編み込まれたチェーントートタイプとなっているため、ヴィンテージシャネルとしても人気が高く、状態の良い品物であれば10万円以上でのお買取が可能です。

ドーヴィルトートの買取相場

こちらも定番のチェーントートで、現行品としても人気が高いモデルの一つとなっています。

キャンバス素材ですがロゴ刺繍などのデザインで人気が高く、値段がつきやすいトートバッグの一つです。サイズ展開も豊富ですが「MMサイズ以上」の大きめのサイズの方が高値がつきやすい傾向にあります。

新作のオールレザーのモデルなどは30万円ほどで買取できるケースもありますが、もっとも流通数の多いキャンバス素材のモデルは状態が良い品で10万円-15万円前後、状態が悪い場合でも5万円前後が買取相場です。

コココクーントートの買取相場

「コココクーン」はチェーンタイプではありませんが、代表的な人気モデルの一つです。トートバッグタイプ以外にもメッセンジャータイプなども人気があります。

ナイロン素材のモデルが一般的ですが、レザー素材でも展開されていて、独特なダウンのような質感と軽さが人気の逸品です。

シャネルのトートバッグの中では非常に傷みやすい部類にはなるため、状態によって大きく買取価格が変わってきてしまいますが、近年では相場も高騰したことにより最大で10万円前後でお買取できるケースも出てきました。

色や素材やデザインで知る高価買取の傾向

シャネルのトートバッグには具体的な商品名がつけられていないケースが多く、「チェーントートバッグ」などの名称のモデルが多数あります。

そういったモデルのトートバッグは買取相場を調べることが難しいです。

ですがシャネルのトートバッグは使われている素材や色などの特徴で高価買取の傾向を知ることができます。

キャビアスキンやラムスキンの素材が人気

シャネルの製品全般で人気が高いのは「レザー素材」のモデルです。

特に「キャビアスキン(※現在ではグレインドカーフスキンという名称)」の品物は、シャネルの定番素材として人気が高く、ヴィンテージ品や現行品問わずもっともリセール率が高い傾向にあります。

次に人気なのが「ラムスキン」と呼ばれる定番のレザーで、ヴィンテージ品などで多く使用されています。

また、同じレザーでも「エナメル(パテントレザー)」や「ピックスキン(ブタ革)」などの製品はリセール率が下がってしまいます。

レザー以外の「コットン」「キャンバス」「ナイロン」などはドーヴィルトートやコココクーントートなど一部人気定番モデルを除き、レザー製品よりは買取相場が安くなってしまい、買取価格が1万円前後となってしまうケースも存在します。

買取価格が安めとなってしまうトートバッグ

パリビアリッツトートやニュートラベルライントートも定番品として流通数が多いモデルではありますが、ナイロン素材やキャンバス素材を使われているモデルが多く高値がつきづらいモデルとはなっています。

ブラックや定番色が人気

色はブラックの品物に安定して高値がつきやすい傾向にあります。

シャネルで定番色と区分される「ブラック」「ベージュ」「ホワイト」の中でも、買取相場としては「ブラック>ベージュ>ホワイト」の順番に高値がつきやすいです。

その他レッドやピンク、ブルーといったやや珍しい色に関しては、流通数によって買取価格が大きく異なります。

ヴィンテージ品で“一般的に流通しているのはブラックやベージュが多い中で希少なピンク色のモデル”などになれば、極めて高値がつくケースも存在します。

ココマークモチーフが大きく使われているデザインがより高値になりやすい

シャネルのトートバッグはデザインによって大きく買取価格が変わってきます。

大まかなデザインの人気傾向としては“ココマークモチーフが前面にデザインされている”モデルほど人気が高いです。

トートバッグの場合、ココマークのステッチ(刺繍)がデザインされていたり、ココマーク型のターンロック金具などがデザインされているモデルは人気が高く買取相場も高騰しています。

反対にココマークなどのデザインがない無地のモデルや、一見シャネルとわからないようなデザインのトートバッグは値段がつきづらいです。

2WAY利用できるトートバッグの評価も高い

トートバッグの中には、ショルダーストラップが付属する2WAYタイプのモデルがあります。

2WAYタイプのトートバッグは中古品の需要も高く、通常のトートバッグよりも確実に高くお買取できる傾向にあります。

例えば「ドーヴィルトート」などは登場した当初は1WAYトートバッグのみでしたが、近年では2WAYタイプの二種類展開されています。

  • ドーヴィルトート買取目安:10万円-20万円前後
  • 2WAYドーヴィルトート買取目安:15万円-25万円前後

※Aランク品を基準としています

しかし2WAYタイプかそうでないかだけでも5万円程度買取価格が変わってきます。

2WAYタイプの場合、ショルダーストラップの有無が査定価格に大きく影響するためご注意ください。

ヴィンテージ品でも相場が上がっているモデルが多い



“ヴィンテージシャネル”はここ五年間くらいずっと流行り続けています。

セレブだけでなく若者などの間でも流行っているのが特徴で、それによって古いシャネルの中古相場は大幅に高騰しました。

シャネルのトートバッグに関しても、ヴィンテージ特有のGPメッキの金具デザインが施されているモデルなどは、数年で買取価格が倍以上となった品も多いです。

ヴィンテージ品は年代が重要なのではなく、あくまでデザインの人気が高いかどうかで買取価格が大きく異なります。

お手元のシャネルトートバッグの詳細の値段を知りたいという方は、お電話やLINEにてお気軽にご相談ください。
お問合せ|ブランド買取ファーストクラス

シャネルのトートバッグの査定ポイント

シャネルのトートバッグを売却する上で知っておきたい査定ポイントを解説します。

シャネルの製品は付属品の有無などによって買取価格が変わってくるため、知っておいて損はないかと思います。

状態の判断基準について

トートバッグの査定における状態の判断基準としては、全体的な傷や汚れに加え、主に以下のような箇所を重点的に見させていただきます。

  • ハンドルの劣化、コパ割れ
  • バッグの角擦れ
  • 内側の汚れや傷

トートバッグに関してはハンドルを持って使う仕様上、ハンドル部分にもっとも使用感が出やすいです。

そのためハンドルの状態は全体の評価に大きく影響するポイントです。

一部モデルでは「ハンドルの折れ(自立していたものが自立しない)」「ハンドルの付け根部分の劣化(生地が裂けてしまったり)」が見られるケースも多く、こうした場合は大幅な減額対象となってしまいます。

査定においては弊社基準における「ABランク(やや小傷等はあるが、全体的に美品の中古品)」以上とご評価できる場合には、高値がつきやすいです。

シリアルシールがないと減額対象となる

シャネルは正規品の証明として「ギャランティカード」を発行しています。

ギャランティカードにはシリアルナンバーが記載されていますが、同じ番号が記されたシリアルシールがバッグ本体にも貼られています。

シールとカードの一致によって正規品と証明することができますが、シャネルの査定においてはシールの有無が重要となってきます。

シリアルシール自体は1985年以降の品物には全て貼られているため(※2021年一部の製品ではシールが廃止されました)、シールがなくなってしまっている品物に関しては、1万円-3万円程度の減額となってしまいます。

通常このシールが簡単に剥がれることはありませんが、ヴィンテージ品の場合は劣化が進み剥がれやすくなっているケースもあります。

自分で完全に剥がしてしまうと大きく査定価格も下がってしまうためご注意ください。剥がれかけでもそのまま査定させていただくことをおすすめします。

本物でも高値がつきにくいヴィンテージ品について

ヴィンテージシャネルが流行したことによって、ブランドヴィンテージ品を扱うショップも増えました。

それによって中古相場が高騰したことは事実ですが、元々数に限りがあったヴィンテージシャネルのリカラー製品なども多く流通するようになっています。

リカラーだけでなく、社外リペアなどを施された品物もかなり多く流通していますが、買取査定においてそうした一度手が加わった品物はかなり評価が下がってしまいます。

ワンオーナー品のヴィンテージシャネルはかなり高くお買取できるような相場となっていますが、中古市場で購入した品物の中にはそうしたリカラー製品なども含まれています。

そうした品物は通常の買取相場の半額以下となってしまうケースも多いためご注意ください。 

まとめ

シャネルのトートバッグは古くから人気があり、ブランド品の中でもリセール率に優れた品物です。

近年は特にシャネルの人気が上昇している傾向にあり、ヴィンテージシャネルの流行や正規店定価の上昇など買取相場に好影響を与えています。

そのため古くなったシャネルのトートバッグでもかなり高く売れる品物も増えてきています。

弊社が運営するファーストクラスではシャネルの品物に関する最新の相場情報を常に収集し、適切な買取価格のご提示を努めております。

お手元にご売却を検討しているシャネルのトートバッグなどがある場合には、お電話やLINEからお気軽にご相談ください。

他の買取事例を見る

Contact ご依頼・お問い合わせ

出張買取をご希望の方

出張買取をご希望される方は、以下の項目を入力して日時をご指定いただくと査定員がご自宅にお伺いいたします。

宅配買取をご希望の方

ご自宅にいながら商品を送るだけで査定額が分かります。配送費は当社がご負担いたします。