バーキン40の買取価格の目安を解説!メンズの需要が拡大し高価買取が可能になりました

「バーキン40の買取価格の目安を解説!メンズの需要が拡大し高価買取が可能になりました」のサムネイル
記事をシェア:
Xでシェア
はてなブックマークでシェア

「バーキン40」はバーキンの大容量モデルとして、登場初期から展開されていますが、近年はより注目が集まっています。

バーキンというと女性向けモデルという認識がほとんどではありますが、バーキン40に関しては、主にメンズ向けのモデルとなっており、SNSなどの普及により男性が持つバーキンとして人気が高まっています。

数年前まではかなりお値段が付きづらいサイズとされていましたが、人気が上昇したことで以前より買取相場もかなり高騰しています。

ここではバーキン40の人気傾向や高値がつきやすいポイント、具体的な買取価格の目安などを詳しく解説しています。

FIRSTCLASS-ファーストクラス-のバーキン買取

バーキン40は近年人気が上昇

普段使いするにしてはかなりサイズが大きく、正直以前までは“中古市場で人気の低いバーキンサイズ”と位置付けられていました。

しかし近年SNSなどの普及によって、数多くの男性セレブがバーキン40を着用しているシーンが拡散され、メンズ需要を徐々に獲得しています。

そのため、バーキン35までは女性向けモデル、バーキン40以上は男性向けモデルとして中古市場での価値が定着しつつあり、買取相場も高騰傾向にあります。

直近の相場だと、レディースサイズのバーキンの中でもバーキン35よりは、バーキン40の方が高値が付きやすい印象です。

一般展開されているバーキンでもっとも大型のサイズ

大容量のバーキン40サイズ
大容量のバーキン40サイズ

バーキンのサイズ展開は主に「25cm」「30cm」「35cm」が一般的ですが、さらにそれより大きなバーキン40サイズが存在します。

それ以上のサイズ展開としては「45cm」「50cm」「55cm」まで製造されてはいますが、45cm以上のモデルは、ほぼ流通してない希少なモデルとなっているため、一般展開されている最大のサイズは「バーキン40」だと思っていただいても良いと思います。

エルメスの中でも男性人気が高いモデルというと、バーキン40、もしくはバーキンに非常によく似た「オータクロア40」などが挙げられます。

メンズ需要の高いバーキン

バーキン40はハンドバッグの中でも、かなり大型で女性が持つには用途が限られますが、男性であれば「ビジネスシーン」や「旅行用バッグ」としてなど需要が高いです。

中古市場においてもほとんどの購入者層が男性になるため、35cm以下のレディース向けのバーキンとは人気の傾向が異なります。

シンプルでシックな色が人気

バーキン40は小さめサイズに比べると、カラーバリエーションがそれほど多くない印象です。

基本的には「ブラック」「ダークブラウン」「ゴールド」「エトゥープ」「ネイビー系(ブルーニュイ、ブルーインディゴ、ディープブルー等)」「ダークグレー系(グラファイト、エタン、グリアスファルト等)」がメインで展開されていて、男性需要に応えるような展開となっています。

人気はブラックがもっとも高く、ブラウン系よりもネイビーやグレー系のカラーが人気が高い傾向にあります。

ビビット系のカラーも展開はされていますが、「オレンジ」「レッド」「ブルージーン」「ホワイト」などのカラーは、バーキン40となると極端に人気が下がり値段が付きづらいです。

金具の色の差もほとんどなし

レディースのバーキンは本体がどのカラーであっても、ゴールド金具の方が人気が高いです。

しかしバーキン40に関しては、シルバー金具も需要が高く、金具の色の人気には差がないのも特徴です。

古い素材のモデルに関しては、ゴールド金具の方が流通数が多く、反対に現行品や新しいモデルであればシルバー金具の方が多いです。

バーキン40の具体的な買取相場について

メンズ人気が高いシックなカラー
メンズ人気が高いシックなカラー

バーキン40はここ二年くらいの間に相場がかなり高騰しています。

それ以前は、バーキンでもっとも値段が付きづらいとされている「バーキン35」とほぼ同額程度の相場となっていました。

ですがメンズ需要を獲得したことバーキン40の買取相場も上昇し、状態の良い品物はバーキン30と同水準くらいの金額のご提示が可能です。

中古でも100万円以上ご提示できるケースも増えています

バーキン40は最近人気が上がったこともあり、新しめの刻印の品物は高値が付きやすいです。

具体的にはT刻印(2015年製造)以降くらいのモデルであれば、中古品でも100万円以上でお買取できるケースが多いです。

100万円以上の買取価格が付く品物の条件に関しては、状態が良いことに加えて以下のようなポイントを抑えてる必要があります。

カラーはエトゥープやブラックが人気

上の項目でも解説したように需要が高い「ブラック」「エトゥープ」であれば、100万円以上値がつく可能性が高いです。

新品であればブラックの需要も高いですが、中古品で状態の良いグレー系のバーキン40は流通数が少ないため、エトゥープの方が中古買取価格は高い傾向にあります。

似た系統の色としては「エタン」「グリアスファルト」といったグレー系の人気カラーも相場は高いです。

「ディープブルー」や「ブルーニュイ」とネイビー系の色も、バーキン40に限っては相場が高く、状態の良い場合には100万円以上の買取価格となるケースもあります。

素材はトゴやトリヨンクレマンスが人気

現行のバーキン40の素材は以下のバリエーションがあります。

  • トゴ
  • トリヨンクレマンス
  • エプソン

バーキン40においては「トゴ」「トリヨンクレマンス」といった柔らかめの素材が人気です。

「エプソン」はやや硬めの素材ですので、大きめのバーキン40だとやや扱いづらいといった評価となっております。

新品であれば素材による大きな金額差はありませんが、中古でのご評価となるとトゴやトリヨンの方が値段が付きやすい傾向にあります。

古い品物だと買取相場50万円-80万円前後

中古相場において本体カラーはもっとも重要な要素です。

バーキン40は製造年によって金額がかなり変わる傾向にあります。

製造が古い品物は状態が悪いケースが多いというのも関わってきますが、同じ条件のバーキン40でも製造年の違いが以下のような金額差となります。

  • バーキン40(ブラック・トゴ・SLV金具・Aランク相当・A刻印※2017年製造)買取相場:130万円前後
  • バーキン40(ブラック・トゴ・SLV金具・Aランク相当・□G刻印※2003年製造)買取相場:100万円前後

また、現行の素材ではない「アルデンヌ」「クシュベル」「フィヨルド」といった素材だと、ABランク程度のお品物でも買取相場は「50万円-70万円前後」が目安です。

状態が悪いバーキン40はかなり安値に

バーキン40は女性向けのバーキンと比較すると、全体的な需要が少ないです。

特に中古市場においては状態の良い製造の新しめの品であれば需要がありますが、古く状態の悪い品になってしまうと、レディースサイズで同様のコンディションの品よりも極端に需要が下がります。

そのため状態が悪くなってしまうと、かなり値段が付きづらいというのが正直なところです。

全体的な相場感としてはバーキン35よりも、やや高い金額でのお買取が可能ですが、状態が悪い品物となると高値が付きづらいとされるバーキン35とほぼ変わりない相場となります。

定価以上での買取は可能なのか

バーキン40は他サイズと比較しても、大型のため定価が高い傾向にあります。

現在のエルメス正規店での定価販売価格は以下です。

モデル国内定価(税込)
バーキン40(トゴ・トリヨンクレマンス)1,947,000円

定価が高い分、定価以上でのお買取できるモデルはカラーが限定されます。


上記したもっとも人気カラーの「ブラック」「エトゥープ」であれば、新品買取相場は「200万円前後」となっており定価以上でのお買取が可能です。

しかしそれ以外のカラーに関しては、定価とほぼ同額かそれ以下となってしまう確率が高いです。

買取価格は200万円ほどとかなり高額ですが、バーキン40は定価もその分高額なため、大幅に定価を上回ることは難しい状況です。

バーキン25などは買取相場が最大300万円前後となっているため、バーキンの中では定価以上で売れづらいサイズとなっています。

まとめ

バーキン40は数年前までは状態の良い中古品でも、買取相場60万円前後くらいの低い相場でした。

しかしメンズ需要が急速に拡大したことで、全体的に20万円くらい買取相場も上昇し、以前より高値でお買取できるようになっています。

大まかな買取傾向はレディースのバーキンと似ている箇所がありますが、バーキン25やバーキン30で人気の色だからといってバーキン40では高いと限ラズ、シルバー金具の人気が高い点など人気傾向も異なります。

ファーストクラスではバーキンに力を入れてお買取しております。

常に国内市場だけでなく、海外市場価格などをもとにした最適な買取価格でのご案内を努めております。

バーキン40の売却をご検討されている場合には、LINEやお電話にてお気軽にご相談いただけますと幸いです。

FIRSTCLASS-ファーストクラス-のバーキン買取

記事をシェア:
Xでシェア
はてなブックマークでシェア