バーキン25サイズの買取価格は?中古でも定価以上!今最も相場が高い人気サイズを解説

「バーキン25サイズの買取価格は?中古でも定価以上!今最も相場が高い人気サイズを解説」のサムネイル

「HEMRES(エルメス)」のバーキンは資産価値が高く、新品は定価以上でお買取することも可能です。

中でも特に相場が高くなっているのが「バーキン25」サイズです。

もっとも小型のバーキン25は、正規店定価はもっとも安い反面、中古市場での人気が高く、買取価格が一番高いという特徴があります。

一般的に高値がつきづらい中古品においても、定価以上でお買取できるケースも多くなっています。

ここでは実際のFirstClass-ファーストクラス-の買取事例をご紹介しながら、主に中古のバーキン25の具体的な買取価格の目安について解説しています。

FirstClass-ファーストクラス-のバーキン買取

バーキンの中でも一番人気の25センチサイズ

現在、バーキン25はどのサイズよりも人気があります。

中古相場での価格高騰も激しく、新品であれば販売価格は300万円を超えるアイテムも出てきました。

それに伴い、中古品も大幅に相場が高騰し、古い品物を売るのにも最適な相場となっています。

定価が一番安いのに買取価格は一番高い

バーキン25の定価は現在150万円ほどです。

サイズ・素材国内定価(税込)
バーキン25・トゴorトリヨンクレマンス1,474,000円
バーキン25・スイフト1,540,000円
バーキン25・エプソン1,430,000円

(※2023年12月現在の定価)

素材によって定価は少し変わってきますが、どの素材においても販売価格は定価以上となっています。

以前までは定番のバーキンといえば「バーキン30」、人気が高くもっとも高値がついていましたが、全体的に小さめのバッグがトレンドとなり、今は定価がもっとも安いバーキン25のサイズが、中古市場では一番人気が高いです。

色や素材問わず定価以上で買取できる可能性大

小型のバーキン25は他サイズより需要が高い
小型のバーキン25は他サイズより需要が高い

バーキン25に関しては、元々バーキン30やバーキン35より流通数が少なく、中古市場で一番需要が高いのに対して、需要と供給が釣り合っていない状況があります。

前提として「新品」であれば、色や素材に関係なく、定価以上でのお買取が可能です。

ブラックやグレー系が人気が高い

バーキンは色によって買取相場が大きく変わってきます。基本的には定番色や新色などの流行りのカラーであるほど、買取価格も高くなります。

  • ブラック
  • エトゥープ
  • ゴールド
  • エタン

この辺りは定番色として人気が高く、他の色と比較しより高値でのお買取が可能です。

その他にも、現在はホワイト系の色も人気が高く「クレ」「ベトン」「ナタ」「グリパール」なども、定番色と同じくらい高水準となっています。

また2022年新色の「グリメイヤー」「チャイ」、2023年新色「グリネヴェ」「ニューホワイト」なども、まだ中古市場には数が少なく相場が高いです。(※新色などは相場が大きく変動しやすいため売り時にご注意ください)

色によって買取価格は数十万円変わってきますが、それでも他のサイズでは値段がつきづらい鮮やかなカラーにおいても、バーキン25自体の需要が高いため、全体的な水準も極めて高いです。

トゴやトリヨンクレマンスは中古需要大

現在バーキン25で用いられる素材は主に四種類です。

  • トゴ
  • ヴォーエプソン
  • ヴォースイフト
  • トリヨンクレマンス

それ以外にも「トリヨンノビーヨ」「エバーカラー」「ボックスカーフ」「シェーブル」などの素材を使用したモデルも、少数ですが生産されています。

一般的な素材の中では、近年のトレンドだとより傷等が目立ちにくく使い勝手が良いとされる「トゴ」と「トリヨンクレマンス」の人気が高いです。

新品であればいずれの素材も定価以上でのお買取が可能です。

中古品となると、人気のトゴやトリヨンクレマンスであれば値段がつきやすい一方で、スイフトやエプソンのモデルはやや値落ちしてしまう傾向にあります。

バーキン25の買取価格の目安を解説


色によって買取価格が異なるバーキン
色によって買取価格が異なるバーキン

ここからは、FirstClass-ファーストクラス-での買取事例を参考に、具体的な中古のバーキン25の買取価格について解説していきます。

現在バーキン25は、もっとも高く売れる相場となっています。

状態が悪い品物でも100万円を超えるケースがほとんどで、他サイズよりも平均買取価格が高いです。

>>全てのバーキンの買取事例を見る

新品の場合の買取相場は250万円以上

バーキンはシリアルナンバーから製造年がすぐに判別できます。

中古市場においては製造年が新しいかどうかが金額に大きく影響するポイントの一つです。そのため、もっとも高く売る場合には、新品のままご売却いただくのがベストです。

バーキン25は定価150万円ほどですが、中古市場での需要が高いため、新品の買取相場は250万円以上となっています。

定番色で人気素材のモデルや、まだ流通数の少ない新色などの場合、300万円前後でお買取可能なアイテムもあります。

定番カラーであれば200万円以上でのお買取も可能

上記事例のような、人気の色や素材のバーキン25であれば、中古品でも200万円以上でお買取できるケースも多いです。

買取価格200万円以上はややハードルが高いため、重要になってくるのが「製造刻印」と「状態ランク」です。

  • 製造刻印:T刻印以降(2015年以降の製造)
  • 状態ランク:ABランク以上(やや小傷等はあるが、全体的に美品の中古品)

これらの条件に当てはまる、人気の色や素材のバーキン25であれば、200万円以上のご提示も現実的です。

薄いパステル系のカラーも人気が高い

定番色やモノトーン系以外でも、近年は薄めのパステル系カラーが全般人気です。

  • ヴェールクリケット
  • ヴェールフィズ
  • ブルーペール
  • ブルーブリュム
  • ローズサクラ
  • モーヴペール
  • ジョーヌプッサン

この系統の新色なども多く、上記カラーのバーキン25においては、製造刻印が新しいアイテムがほとんどかと思います。

状態の良いお品物であれば、中古品でも200万円前後など、定価を大きく上回る金額でのお買取が可能となっています。

やや古いモデルでも150万円前後で買取可能


□R刻印以前(2014年より製造刻印が前)のモデルを「やや古め」と定義しています。

やや古めのバーキンに関しても状態がABランク以上であれば、買取価格は150万円前後が目安となります。

色や素材による金額差が大きく、赤系や青系など鮮やかなカラーになると「120万円〜150万円前後」くらいが買取相場です。

ブラックやグレー系であれば、多少古くとも150万円〜180万円前後」でお買取が可能です。

上記事例のような、人気の色や素材のバーキン25であれば、中古品でも200万円以上でお買取できるケースも多いです。買取価格200万円以上はややハードルが高いため、重要になってくるのが「製造刻印」と「状態ランク」です。

バーキン25サイズは2004年に初登場

バーキン25は2004年から生産されていて、バーキンのサイズの中では最も新しく登場したモデルです。

そのため、どんなに古くても2004年製造がもっとも古いです。

製造刻印がクロア裏(正面から見て右側ベルトの裏)にあり、アルファベットが□で囲われている場合には、2004年〜2014年の間に製造されたバーキンと判別ができます。

バーキン30やバーキン35は、30年以上前から生産されていますが、バーキン25は比較的新しめの品物しかないため、買取価格も下がりづらいです。

状態がABランク以上なら定価以上でお買取可能

実際に傷等や使用感が少なく、状態をABランクとご評価できる品物であれば、おおむねエルメス正規店の定価以上でのお買取が可能となっています。

エルメスの人気モデルはいずれもリセールバリューが高いことで知られていますが、現状バーキン25以上にリセールバリューを持つアイテムはありません。

状態が悪いアイテムでも100万円が目安

状態がBランク以下(傷や使用感が見られる)の場合、買取価格の目安は100万円前後となります。

現在の定価は150万円ほどですが、年々値上がりしていっての数値です。古くなればなるほど定価も安く、バーキン25はある程度使用感があっても、定価以上か定価ほぼ同額程度ではお買取することができます。

他サイズのバーキンと違い、中古品の流通量が少ないバーキン25は、状態が悪くても値段がつきやすい傾向にあります。

同じ年代でサイズ以外の色や素材が同じモデルでも、バーキン25とバーキン30では30万円以上、買取価格に差が出るケースも多いです。

エキゾチックレザーや特別なモデルも25サイズの人気が高い

バーキンはどのアイテムにおいても、25センチサイズが一番人気です。

特にクロコ素材のバーキンなど金額が高額になればなるほど、サイズの違いによる買取価格の差も大きくなります。

中古のバーキンクロコの買取価格も、ざっくりではありますが以下のような目安となります。

  • バーキン25クロコ:350万円-450万円前後
  • バーキン30クロコ:250万円-350万円前後
  • バーキン35クロコ:200万円-300万円前後

エキゾチックレザーのバーキンは特に数が少ないアイテムのため、今後のエルメスの生産数などにより、人気が変動する可能性があります。

もっとも人気が低いバーキン35は、生産数自体がかなり減っており、中古市場の新品流通数も激減したため、相場もやや上昇しています。

バーキン25を少しでも高く売るためのポイント

付属品によって買取価格が変わるバーキン25
バーキン25の売却時は付属品に注意

バーキン25を売却する際の注意点や、少しでも高く売るために知っておきたい査定ポイントを解説します。

具体的に金額へ影響するポイントだけをまとめています。

ゴールド金具のモデルの人気が高い

バーキンは金具の色が「シルバー(パラジウム)」と「ゴールド」の二種類あります。(※近年ローズゴールドやシャンパンゴールドなども登場していますが、括りはゴールドです)

生産数はシルバーの方が多いですが、中古市場はゴールド金具のアイテムの方がやや人気です。

元々は金具の色の違いによる金額差は5万円程度でしたが、近年は価格帯が大幅に高騰しているため、10万円以上差がつくケースも増えてきました。

定価は同じですが、ゴールド金具のモデルの方が売却時に高値がつきやすくなっています。

付属品がないと減額となります

付属品の有無はバーキンを売却する際に、査定に影響する重要な項目です。

FirstClass-ファーストクラス-では、新品以外では「箱や保存袋など」の付属品は査定対象外としております。

ただし以下の付属品の有無は、いかなる場合でも減額対象となりますのでご注意ください。

  • カデナ・キー(2本)
  • クロシェット

これらの付属品が欠品してしまうと、5万円〜10万円程度は買取価格から減額となります。

限定品のバーキンや、エキゾチックレザーモデルなど高価なバーキンの場合には、影響も大きくなります。

カデナとクロシェットは、ご売却時に必ずセットでお査定させていただくことをおすすめします。

傷や状態によって大きく値段が変わります

バーキン25の査定において、「状態ランクのご評価」は金額に多くく影響します。

バーキンは状態が悪くても値段がつきますが、高額品のため市場での、判断基準がよりシビアな傾向にあります。

一見ほとんど傷や汚れがない状態だと感じるものでも、鑑定士から見たとき、光の加減で傷がついていたり、ハンドルの裏部分に使用感が見られたりといった、細かな項目でも10万円以上金額が変わってくることがあります。

FirstClass-ファーストクラス-では、お電話での金額目安のご案内やLINEでの簡易査定を行なっております。

状態に関しては“できるだけシビアにお伝えいただくこと”で、実際の買取価格に近しい金額をご案内することができるため、ご協力いただけますと幸いです。

まとめ

バーキン25は、中古市場において極めて高額な相場となっています。

新品であれば、どんなモデルでも定価以上でお買取でき、製造の新しい人気の色や素材のアイテムは、中古品でも200万円近い金額でお買取できるケースもあります。

FirstClass-ファーストクラス-では常に最新の相場をもとに、バーキン25をはじめとするエルメス製品をより専門的にお取り扱いしています。

お手元のバーキン25の売却を検討されている場合や、今の売値を知りたいという方は是非お気軽にご相談ください。

FirstClass-ファーストクラス-のバーキン買取