バーキンを少しでも高く売る方法は?売却金額に影響する5つのポイントを詳しく解説

「バーキンを少しでも高く売る方法は?売却金額に影響する5つのポイントを詳しく解説」のサムネイル

「HERMES(エルメス)」のバーキンは、サイズや色など種類が豊富なため、一点一点大きく買取価格が異なります。

こちらのページでは、「高く売れるバーキンの条件や傾向」「バーキンを少しでも高く売るためのポイント」を詳しく解説しています。

バーキンの売却を検討されている場合には、ぜひチェックしてみてください。

FIRSTCLASS-ファーストクラス-のバーキン買取

買取実績を全てチェックしたい方はこちら

これらは全て同じ色のバーキンでかつ「中古ABランク」というご評価となった品ですが、サイズが違うため買取価格に差があります。

現在は、小型のバーキン25ほど買取価格が高く、バーキン30、バーキン35と大型になるにつれ、買取価格は安くなっていきます。

現在のバーキンサイズ別税込定価一覧

そもそもバーキンはサイズによって定価が異なります。

税込定価
バーキン251,474,000円
バーキン301,639,000円
バーキン351,804,000円
バーキン401,947,000円

※細かくいうと素材ごとに変わりますが「トゴ素材」の定価で統一しています。

大きいサイズは定価が高いため、その分高く売れそうな印象を持たれがちですが、中古市場での価値はあくまで人気と需要から成り立ちます。

定価の金額が市場価格に影響ないわけではありませんが、人気の高いサイズほど高値がつきやすいです。

サイズによって金額差が50万円以上出る

以下の表はファーストクラスの「バーキンの買取実績」を元に、サイズごとの平均買取価格を表したものです。

中古品のバーキンを対象にしており、サイズによって大きく買取相場が変わることがわかると思います。


中古Aランク以下の平均買取価格
バーキン25およそ148.6万円
バーキン30およそ126.8万円
バーキン35およそ87.4万円

※過去3年以内の通常のレザー素材でかつ中古Aランク以下の実績より算出

バーキン25とバーキン35がこれほどまで金額が離れる理由としては、以下の二点を補足しなければなりません。

  • バーキン35は1984年初登場時からラインナップされており古いアイテムも多い
  • バーキン25は2004年から登場したサイズで新しめ品物しかない

2004年以降のバーキン35(中古品のみ)を対象とすれば、平均買取価格はもう少し上がるかと思われます。

ただ、それを考慮しても、サイズによって大きく金額差が出ることはおわかりいただけると思います。

サイズごとの詳しい買取価格については、下記をチェックしてみてください。


シンプルな定番色やトレンドカラーが人気


シンプルなカラーのバーキンは人気が高い
シンプルなカラーのバーキンは人気が高い

バーキンの本体カラーも買取相場に大きな影響を及ぼします。

人気傾向としては、大まかに以下となります。

  • シンプルな定番色(ブラック・エトゥープ・ゴールドなど)
  • 新色や流行のカラー(ホワイトベージュ系、パステルカラー系)

特に定番とされるカラーに関しては、古い品物、状態の良し悪しに関わらず、買取相場が高いです。

不人気の色の場合には、状態ランクが高くても、人気色の状態が悪い品物よりも、買取価格が低い場合があります。

高く売れるバーキンの定番色

「ブラック(ノワール)」はもっとも定番なカラーで、バーキン全体の相場が落ちない限り、ブラックの人気が下がるということはないほど、安定した需要があります。

それ以外にも、「グレー系」「ベージュ系」の色味全般で人気が高い傾向にあります。

「エトゥープ」「エタン」「トゥルティエールグレー」などは定番色にも数えられるほど人気のカラーです。


新色やトレンド需要が高い色も高評価

カラーの人気トレンドは短期間で入れ替わる場合がありますが、その年に発表された新色なども高評価となります。

ここ数年安定して高値が付いているのがピンク系の「ローズサクラ」です。

そのほかにも、近年のトレンドとして「ヴェールクリケット」「ジョーヌプッサン」「グレパール」などパステル系のカラーも相場が上昇しています。

素材によって金額が大きく変わるので注意

素材に関しては、中古市場では傷がつきづらくカジュアルに使える素材の人気が高い傾向にあります。

素材の人気不人気に関しても、買取価格に20万円くらい影響を与える要素です。

現行品のバーキンで使われる素材はトゴ、トリヨンが人気

現行品で用いられる素材は、主に4種類です。

種類特徴定価(※バーキン25)
トゴ自然な風合いで目が粗く柔らかめ1,474,000円
エプソン目が細かい型押しが施され硬め1,441,000円
トリヨンクレマンストゴと似ているがやや重ため1,474,000円
スイフト目が細かいスムースな素材1,540,000円

定価が若干変わってきますが、それ以上に人気による金額差の方が大きいです。

現状だと「トゴ」「トリヨンクレマンス」の人気が高く、次いで「エプソン」、「スイフト」は現行素材の中ではもっとも値段がつきにくい傾向にあります。

廃盤素材のバーキンは買取相場が下がる

この二つのバーキンはおおよそ似たコンディションですが、素材が現行の「エプソン」と、廃盤となった「クシュベル」という違いがあります。

素材としては似た特性を持つ両者ですが、現行素材のモデルの方が高くお買取可能です。

  • アルデンヌ→トゴ
  • クシュベル→エプソン
  • フィヨルド→トリヨンクレマンス
  • ガリバー→スイフト

現行の素材も、それぞれ前身となった廃盤素材があり、特性は似ているものの、これらの違いが大きな買取価格の違いを生みます。

また、エルメスの革製品は全てシリアルナンバー刻印が施されているため、製造年がいつなのか判別することができます。

古くなればなるほど、買取価格は下がってしまいます。

珍しい素材のバーキンは高価買取が可能

例外的に廃盤になった素材でも、珍しい素材のバーキンであれば高価買取が可能です。

上記のような一見変わったバーキンは、近年相場が高騰している傾向にあります。

いずれも現行品にはない珍しい素材を用いたバーキンのため、プレミア価格となっているアイテムも存在します。

状態ランクの評価で買取価格が大きく変わる

状態の悪いバーキンは買取価格が大きく下がります
状態の悪いバーキンは買取価格が大きく下がります

バーキンは状態ランクの評価によって、買取価格が大きく変わります。もちろん、できるだけ綺麗なうちの方が高く売ることができます。

状態が良ければ、買った金額以上で売却できる可能性も高く、状態によって数十万円以上差が出ます。

状態による金額差について

こちらの事例は同じカラーで同じくらいの年代、状態ランクの異なるバーキンの買取価格の差を比較しています。

あくまで目安ではありますが、状態ランクがひとつ変わるだけで、20万円〜30万円くらい買取価格が変わってきます。

状態ランクごとの角スレ目安

あくまで目安にはなりますが、ファーストクラスでは下記のような基準で状態ランクをご評価しています。

角スレがわかりやすいため実例として挙げていますが、傷は総合的に判断しています。

Aランク相当の擦れ傷


ほぼ傷が見当たらないAランク相当
ほとんど傷がない状態

ABランク相当の擦れ傷


少しの角擦れだけならABランク
少し角スレが見られる状態

Bランク相当の擦れ傷

ある程度使用感が見られるとBランク
明らかにダメージがある状態

BCランク以下の擦れ傷


広範囲に角スレがあるとBCランク
広範囲に使用感が見られる状態

ABランク以上だと高値がつきやすい

高く売れるというラインとしては、ABランク以上であることがひとつの基準となります。

大まかな基準としては、多少の傷や汚れはあるものの、全体的に美品の中古品であることが条件です。

ABランク以上のバーキンでかつ、人気のアイテムは、買った金額以上で売れるケースも多いです。

高く売るためにしておきたいメンテナンス

より良い状態でキープするには日々のメンテナンスや、使用の仕方に気をつけなくてはなりません。

具体的には、

  • 汚れたらすぐにレザーケア用品などで綺麗にする
  • 日頃からツイリーなどをハンドルに巻いて使う

こうした細かなことの積み重ねが、バーキンの状態をよりよく保つことにつながります。

エルメスで修理や磨きに出すことの評価

エルメスで修理や磨きをすると査定額が上がりますか?という質問をよくいただきます。

こちらに関しては、激しく破損していて、そのままの状態だとお買取価格が極めて安くなる場合を除き、修理代金に見合う買取価格の上昇ができない場合が多いです。

近年はエルメスの磨き代などメンテナンス費用も高騰しており、そのままお査定させていただいた方が得するケースがほとんどです。

それを念頭に置いていただき、売却を前提とした修理などを検討している場合には、その前にご相談いただけますと幸いです。

ボロボロの状態でも値段はつきます

状態によって買取価格に大きく差が出ることは間違いありませんが、ボロボロの状態でもお買取できないということはありません。

状態の悪いバーキンは、どうしても中古品の需要が下がってしまいますが、海外ではそうした状態でも買い求める方もいらっしゃいます。

国内外にも販売ルートがあるファーストクラスであれば、状態の悪い品物でも高くご評価することが可能です。

ボロボロの状態のバーキンの詳しい買取価格については下記の記事もチェックしてみてください。

付属品は必ず揃えて売却


バーキンの査定に重要な付属品
バーキンの査定に影響するカデナ・クロシェット

バーキンは付属品だけでも価値が高く、欠品してしまうと買取価格が下がってしまいます。

ファーストクラスの付属品の評価基準をご紹介します。

カデナとクロシェットは必ずセットで

バーキンの査定における金額に影響する付属品は、二点です。

  • カデナと鍵(2本揃って完品)
  • クロシェット

これらは本体の仕様に伴う、付属品のため、モデルにもよりますが、欠品してしまうと5万円〜10万円前後の減額となります。

少しでも高く売るためには必ず揃えてご売却ください。

箱や保存袋は中古品の場合は査定対象外

本体の仕様と関係ない、箱や保存袋といった付属品は、ファーストクラスでは「中古品の場合は査定対象外」としております。

箱がないから査定額が下がるということはありませんのでご安心ください。

ただし、新品状態でご売却いただく場合や、限定品で箱や保存袋の仕様が特別なバーキンに関しては、その限りではありません。

バーキンを売るのに最適な時期

時期によって相場が変わるバーキン
バーキンは相場の変動が激しいブランド品です

バーキンは金額が非常に高価なため、買取相場の変動が激しいブランド品の一つです。

バーキンを少しでも高く売るためには、最適な時期で売却することも意識する必要があります。

相場を把握しておく

売却する際には、最低限相場状況を把握しておくことをおすすめします。

2023年現在の相場観としては、数年前より大きく高騰しており、全てのバーキンが2-3年前より高く売れる状況となっています。

特にバーキン25センチの中古需要が高く、新品であれば最大300万円程度、中古品も定価以上でお買取できるケースが多いです。

その他のサイズに関しても、バーキン25ほどではありませんが、過去最も高い相場といえる状況です。

ただし新品相場に関しては、一ヶ月で大きく変わることもあり、より細かく相場を把握する必要があります。

ファーストクラスでもご相談いただければ、その都度相場状況について回答させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

中古品の場合はそこまで気にしなくても大丈夫

中古品に関しては、相場の変動といっても、短期的に見ると5万円程度の違いとなることがほとんどです。

ある程度流通数の多い、製造の古いバーキンや、定番色のバーキンについては、比較的相場も安定している傾向にあります。

相場は高いに越したことはありませんが、製造刻印が古くなることも価格が下がる要因となります。

中古品の場合には、あまり寝かせずに早めに査定に出してみることも高く売るためには必要です。

バーキンを売却する方法について

バーキンを売却する方法は買取店以外にもあります。

できるだけ中立の立場から、高く売るためという目的において、それぞれの特徴や注意すべき点をまとめています。

フリマアプリ

近年はバーキンなど高額な品物をフリマアプリで売却する方も増えてきている印象です。

自ら値段を設定することができ、手数料に注意は必要ですが、売れれば納得感を得られるのがメリットです。

買取店で提示する金額より高く売れる可能性も十分にあります。

ただしバーキンなど高額な品物においては、そもそもフリマアプリで購入しても良いと考える人がまだまだ少ないように感じます。

相場で売れるというよりは、かなりお得感のある値段で出品されているものでないと売れづらい印象です。

中古品のバーキンの場合には、購入後状態に対するクレームを入れられないように細心の注意を払う必要があります。

ネットオークション

オークション形式であれば、フリマアプリと異なり最低落札価格の設定だけで、競り上がる分だけ高く売ることができます。

より珍しいバーキンなどの場合、オークション形式の方が適切価格になる可能性も高いです。

ただ、フリマアプリと同様に高額なバーキンを積極的に入札してくれるユーザーは少なく、ネットオークションにおいては転売目的の入札であったり、そもそも中古業者による入札が多く入る可能性があります。

購入者側としては、実物を見ることができないというデメリットがあり、よほど希少なアイテムや「未使用品」など状態がわかりやすい場合でないと、思った以上に値段が伸びないことは考えられます。

専門の買取店

最後に我々のような専門買取店を利用するメリットとしては、適切な価格で売却できることです。

バーキンは特に相場の変動が激しいため、自分で販売するとなると、高く売る上で相場に対する知識などがある程度必要となります。

FirstClass-ファーストクラス-では、常に国内だけでなく海外市況を含めたバーキンの相場を把握し続け、常に現時点での最適な買取価格をお客様にご案内しております。

バーキンに関しては、バリエーションが豊富でトレンドの移り変わりが激しいため、買取店によって評価が分かれがちとなる点はご注意いただきたいです。より専門に特化しているお店の方が高値をつけてくれると思います。

少しでも高くという場合には、複数のお店で見積もりを取ることもおすすめしております。

まとめ

バーキンはリセールバリューに優れたブランドバッグで、買取店でも高く売却することができます。

しかし相場が変動しやすく、状態や付属品によっても金額が大きく変わるため、売却を検討されている場合には、どういったバーキンが高く売れるかということをリサーチしておくことも重要です。

ファーストクラスでは実際にお買取させていただいたバーキンの情報を公開しています。こちらのページ「バーキンの買取価格を調べる」もご覧ください。

その他、お手持ちのバーキンの現在の買取価格をより詳しく知りたいという方は、お電話やLINEなどからお気軽にお問い合わせください。